2017年4月17日 (月)

さかあがりの事

唐突な日常話です。

本日ニコニコ静画にて更新された「小林さんちのメイドラゴン カンナの日常」の「体育の時間」、鉄棒のさかあがりがメインのネタでした。
カンナちゃんたちは小学三年生ですが、私は二年生の時に初めて授業で挑戦した(させられた)思い出があります。
先生が横でサポート態勢にある状態でしたが、想定外のタイミングだったのか、普通に転落しました。その際、捻挫と出血が派手な擦り傷を負ってしまい、後に六年生になるまでそれがトラウマで鉄棒には近づきたくもないような状態になってしまいました。正直、六年生の段階でなんとな~く鉄棒の近くでおしゃべりを始め、なんとな~く手伝ってくれたお友達がいなかったら、大人になった今でもさかあがりのトラウマが解消していなかったかもしれません。

そんな私の甥御、姪御ときたら、三年生どころか三歳でさかあがり成功しています。立つ瀬がありません。
本当は私が日ごろしていた遊びが功を奏したと思っているので、鼻が高くはあるのです。
うっかりこんなブログに迷い込んだ方用に、その遊びをメモしておきたいと思います。体育専門の学者さんに言わせたら危険な部分もあるかと思いますので、あくまで参考として。あと幼児向けです。体重20キロ超えたら無理。15キロでも危ないと思う。

1.向かい合って、両手を握り合う。間隔は子供の身長の2/3程度。
2.自分がさかあがり用の補助板になったつもりになる。
3.子供に補助板を駆け上がらせる。足が胸に当たったくらいで、軽く腕を引いて(子供に「腕を引っ張られた」と意識されない程度に、ほんの少しの力で)、胸で足を前に押し返す。
4.子供が腕をねじりあげられてさかさまの状態になるので、腕に痛みを覚えないように気を付けながら、子供の足がうまく元の位置に戻るようにバランスを取る。この際、自分の全神経を以って子供にかすり傷一つ付けないようにする。
5.子供が着地する。握った腕はねじれた状態にあるので、必ず子供が安定して立っている事を確認してすぐ離す。
注意点1.子供を絶対に傷つけない。怪我をすればこの手の運動についてトラウマになります。
注意点2.自分が痛くても絶対に普通の顔をする。股間を蹴られても、鳩尾にいいのが入っても、顎を蹴りあげられても、泣かない怒らない血を流さない。小さい子供は大人の感情に敏感です。子供が平気な顔をしていても、大人の負の感情は絶対に伝わっています。

文章で書くと凄くわかりにくいですね。まあ、真似して怪我をされても困りますので、やってみる方は安全面の確保を絶対の条件として、ご自分の工夫でコツを掴ませると良いと思います。

 

漫画を読んでこんなに語りたくなったのは久しぶりでした。カンナの日常の原作・クール教信者様、漫画・木村光博様に感謝いたします。

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

巡々。生存報告

3年ぶりの更新です。
前回の記事を書いた時には、デュエルリプレイはしないけど月一くらいで感想を載せようと思っていました。
その後プライベートでいろいろあり、この体たらくとなりました。アークファイブも1クール目途中からリアルタイムでの視聴ができていませんでしたが、1年ほど前から録画を消化して、昨日やっと最終回を観ました。
今日はこれだけで。明日にでも自分なりのアークファイブの感想を書こうと思います。

| | コメント (0)

2011年4月10日 (日)

5D's幕間妄想

遊戯王5D'sの放送も終わり、明日から遊戯王ZEXALが始まりますね。
完全にタイミングを逃す前に、5D'sでわからないまま終わってしまった件への補間エピソードを、ちょっと世間に放り出してしまいます。あらすじだけなので、二次創作にも満たないものですが。

 

・スライ少年

普通の想像:スターダストドラゴンが使われたデュエルを見て手に入れたくなったが、遊星が落としたカードを直に触れた時点で満足した。

妄想:上記のスターダストに触れたタイミングでサイコデュエリスト(聖魂決闘者寄り)の才能が開花、精霊界に迷い込みスターダストドラゴンとエクセントリックボーイの精霊と交流。自分にとってスターダストドラゴンよりも大切なカードが存在する事を認識して元の世界に戻る(この間、元の世界で0.05秒)。以降、精霊とデュエリストの絆を見守る使命を帯び、スターダストドラゴンと遊星の行く末を見守る。

・龍亞と龍可の両親

普通の想像:海外で外交官の仕事をしている。空気を読んで画面に一切出てこないお手伝いさんに子供たちを任せて、自分たちから直接連絡を取る時間もない程忙しい。

妄想:二人はアルカディアムーブメントに性質の近い、海外のある秘密組織の研究職。人工的にシグナーを作る研究をしていた。母体から生まれる双子とホムンクルス体3人、合わせて5人を生み出すが、双子の片方がドラゴンズハートを持たない不完全なドラゴンクローを得た他は、皆シグナーとならなかった。組織がシグナーではない子供たちを処分しようとした為、二人は双子を奪取しネオドミノシティに身を隠す。残されたホムンクルス3人のサイコデュエリストとしての能力の暴走(とイリアステルの介入)によって組織は壊滅。3人は拾われ成長するが、天才少女デュエリストとして報じられた同輩を、自分たちをこのような形で生み出した世界への復讐の仲間に引き入れる為に動き出す。それを察知した二人は双子と離れ、3人を止めようと闘いを挑む。人工生命の実験体でもあった為に寿命を短く設定されていた3人が倒れ、二人は親として双子と共に生きる道を進み始める。

・ゾーンたちの未来における遊星たち

1.ゾーンの未来:OVA派生。ジャックを倒しキングとなった遊星の前に、ダークシグナーとなった友、鬼柳が現れる。地縛神コカパク・アプにより遊星を苦しめるが、スターダストドラゴン/バスターの力で本来の意識を取り戻す(デュエル中断)。鬼柳は地縛神を崇める邪神官ディマクによって自分が操られていた事を語る。アキ、クロウ&ピアスンがそれぞれダークシグナーミスティ、ルドガー&牛尾(操られ)を倒す。遊星はディマクとライディングデュエルし追い詰められるが、クリアマインドに目覚めシューティングスタードラゴンでディマクを倒す。平和が戻ると思ったのもつかの間、力を求め武者修行に出ていたジャックが地縛神スカーレッドノヴァのダークシグナーとして現れる。世界中が赤き龍と邪神の力で破壊され、アキ、クロウ、ピアスンも倒される。鬼柳とのコンビで変則タッグライディングデュエルに挑む遊星。鬼柳も倒されあわや、という所でトップクリアマインドに覚醒、コズミックブレイザードラゴンの力でスカーレッドノヴァが封じられ勝利する。そして伝説へ。(ゾーン戦最後の予告で/バスターが見えたのはこの世界の影響)

2.アンチノミーの未来:漫画版派生。絶対王者ジャックに勝利した遊星がうんぬんかんぬん。そして伝説へ。(初回牛尾戦でイクイップシュートが入っていたのはRIDE-6の影響)

 

とりあえず、掃き出してスッキリしました。自分で書いておいてなんですが、なかなか酷い妄想ですね。厨二病というのでしょうか。かなりこじれています。後で恥ずかしくなる事請け合いです。Dに「だから止めたのに」と言われることでしょう。

あと気になる事が一つ。ZEXALではエクシーズ召喚がメインになるそうですが、シンクロ召喚は生き残るのでしょうか。こんな会話をしましたが。
私「エクシーズって、ランクであってレベル無し扱いなの?」
D「そうらしいよ」
私「じゃあ、レベル1チューナー+エクシーズで、レベル1シンクロ来るね」
D「エクシーズはシンクロ素材にもエクシーズ素材にもできないって書いてあるよ」
私「…」
せめて融合素材にはできてください。あと、エクシーズのリリースが必要な特殊召喚モンスターとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

雑文080705

遊戯王のデュエルのリプレイがメインコンテンツとなっている当ブログですが、先週の遊戯王DM再放送、今週の遊戯王5D’s、今日の遊戯王DM再放送とデュエルのない回が続いているので、生存確認を兼ねていくつか雑談を。

 

遊戯王のこと

今日の遊戯王デュエルモンスターズ再放送は「220話 最後の試練」でした。次回からの戦いの儀の前振りです。戦いの儀は原作よりもかなりデュエルを膨らませたものなので、また見られるのを楽しみにしていました。
あと、アニメオリジナル展開で社長が観戦者に入っていますが、本放送の時にアテムと戦う相手をデュエルで決めると言い出しはしないかドキドキしたのを思い出しました。社長にこれ以上、敗北の屈辱を味わわせてあげないで…と。

DMの再放送終了後、GXの再放送が予定されているとの噂ですね。こちらも楽しみです。

東方Projectのこと

2008年6月28日から、上海アリス幻樂団さんのホームページにて東方Project第11作目「東方地霊殿」の体験版が配布されています。いまさらですが。
いつもどおり3面までですが、今回は結構難易度が高い気がします。いつもならノーマル初挑戦でも3ボスさんまではいけた筈なのですが、2ボスさんでゲームオーバーになってしまいましたし(ちなみにキャラクタは巫女+天狗)。いまだにノーミスは安定しません。本番までには何とか。今のところ、魔法使い+河童が一番安定します。

あと、遅ればせながら黄昏フロンティアさん開発の東方Project第10.5作目「東方緋想天」を購入しました。本当にいまさらですが。
格闘ゲームが苦手な私には結構キツイです。イージーでやっと全キャラクリアできました。でもまだまだスペルカードが取得できてないです。難易度によって出てこないカードとか、あるのでしょうか。まだしばらくは調べずに遊んでいようと思います。

漫画のこと

昨日、やっと電撃大王2008年8月号を購入しました。どこでも売っていなくて、とらのあなさんまで足を伸ばしてしまいました。店頭で見た感想は「…電話帳?」でした。
なんというか…退化してしまった感じです。紙質は以前のものに戻ってしまいましたし、青やら紫やらの見づらい単色ページがありますし。好きな漫画が結構あるので(よつばと!とかでじぱらとか)、講読は継続するつもりです。
まあそれ以前に、系列の漫画雑誌から流れてきた、ストーリーの途中からの連載になった漫画がワケがわからないのが一番気になっているのですが。内容の気になる方は単行本を購入されたりするのでしょうけど、個人的に「こんなの載せるくらいならページ減らして」と思うのがいくつかあるのです。

ゲームのこと

2008年7月25日発売予定だったLillianさん(18歳未満お断りなのでリンクなし)の「ティンクル☆くるせいだーす」が9月26日まで延期になってしまいました。体験版が楽しかったので、予約もしていたのですが。まあ、楽しみが伸びたと思いましょう。
またしばらくMK-STYLEさん提供の「夢世界-武林外伝-」を楽しみます。まだ、新たな目標となっている「称号90個、神官に転職」が適っていないのです。がんばりましょう。

以上、雑文でした。予定していたより長くなってしまいました。反省です。次からはちゃんと下書き、推敲してから書こうと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

札幌円山公園へ

たまの運動がてら、久し振りに円山に登って来ました。十数年ぶりです。

地下鉄東西線円山公園駅から歩いて15分程(おしゃべりしながらだったので遅め)で自然歩道の入り口へ。88ヶ所めぐりはいいや、と言う事になり、とりあえず通常(?)の登山コースへ。整備されている歩道を登り、その途中の山頂方向を示す看板の所から山に入ります。

当然、最初の内は皆体力に余裕がありますので、口も足も軽くどんどん進んで行きます。時々下山していく方々と挨拶など交わしながら、サクサク登ります。

…この状態が20分位もったでしょうか。だんだん疲れが出てきて、口数も少なくなり、足の進みも先ほどまでの2/3程度に落ちてしまいました(先頭を進んでいた人は1/2まで落ちて最後尾へ)。「さっき、あと0.7kmって書いてあったんだから、もうすぐだ」と言いながら、先へ進みます。元気に駆け下りていく小学生たちとすれ違いながら「ああ、昔は私たちにも、あんな元気な時代があったんだなあ」などと空しい事を呟く者にツッコミを入れつつ、足を前に進めます。

所々で気持ちの良い風が吹いてきて、そこでしばし足を止めます。体中から汗が出ているのがわかります。でも、何か清々しい感じです。「来て良かった」と思いました。思わぬ所でエネルギーを充填してさらに先へ。

山神様の碑が見えて、少し先へ行くと、そこが山頂でした。

腰掛けるのに良い岩があるくらいで、山頂を示す記念碑もありませんが、それまで木の枝で覆われてほとんど見えなかった空がそこにありました。標高225.9mから見る空は、半分程が雲に隠れていましたが、登ってきた私たちを歓迎してくれているようでした。

20070909 

 こんな感じで。

 

 

 

 

しばし休憩を取り、今度は下山です。折角なので登ってきた時とは異なるルートである「円山コース」を降りました。こちらは例の88ヶ所めぐりのコースなので、下山方向だといきなり88番目の観音様(お地蔵様?)が出迎えてくださいました。登りの時は目印になるような物がありませんでしたが、今度は観音様が道の端々に立っていらっしゃるので、どの程度進んだのかがわかりやすいのです。ちょっと湿っていて滑りやすくなっている道に気を付けながら下っていきますと、どんどんと観音様に彫られた数字が小さくなっていきます。その数字が40を下回った頃、もう残りの行程が半分以下だという余裕が生まれたのか、皆足が軽くなっていきました。

そして、1番目の観音様の前に到着。無事、下山する事ができました。山神様に感謝。

円山動物園を見学する余裕は流石に無く、そのまま帰宅となりました。一風呂浴びて食事をすると、途端に眠くなってきました。眠気の前に、脚の筋肉が凄い事になっている気もしないでもないですが。

という事で、一眠りから覚めたので、珍しく個人のブログらしい記事を書いてみました。古めの携帯電話の写真なので、解像度がちょっと残念ですね。私としたことが、デジカメを忘れるとは…(アナログのカメラは持っていたのですが)。

 

明日の朝、筋肉痛になっていない事を願いながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

母の日でした

今年は近所のホームセンターで、母が選んだ10株ほどの花の苗と、それ用のプランターを贈りました。カーネーションは妹夫婦に先んじられてしまったので…。あとは夕食後のデザートに、母が選んだケーキ(モリモトのモンブランでした)を家族分。私もいただきました。おいしかったです。

今日は自分の買い物として、光学マウスを買ってきました。昨日まではボールマウスだったのです。しかも、昨年末に分解掃除をしてホイール付近のバネをなくしてしまい、ホイールは効くけど全く引っかかりのない状態だったのです。新しいマウスは光学とはいえワイヤレスではないので、1年くらい持てばいいかと思い1500円位のものを買いました。フィット感は良いので、しばらく使えば慣れるでしょう。

明日はちょっとお出かけの予定。久々に遠出するので、体調が崩れない事を祈って…

| | コメント (0)

2006年5月 8日 (月)

黄金週間って何だっけ?

今年のゴールデンウィークはどこにも遊びに行けませんでした。例年ならちょっと遠出して道の駅巡りとかしてたのですが、残念ながらまとまった時間がとれず。結局、普段よりはのんびり過ごした、で終わってしまいました。

昨日が一番ゴールデンウィークっぽかったですね。普通しない事をしましたから。昨日書きましたが、お友達から借りたDVD「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」観賞。実は午前中にこれを観終わって、午後からは手持ちの「アマデウス ディレクターズ・カット版」も観ました。全部で5時間半…でも面白いのでOKなのです。「アマデウス」は私の一番のお気に入りの映画なので、もう何回観たかわからないです。モーツァルトの奇異な(でも天才なのに他人に敬遠されない)人物像と、サリエリの「天才を理解できる才能」というある種皮肉的な能力が何とも言えません。

普段ならせいぜい30分番組(アニメか笑点)とPS2くらいにしか使われないテレビが大活躍の日でした。毎回主電源切ってますからね。もっと使ってあげたいものです。…今日は電源も入れてませんが。地上波デジタル放送に完全移行する前には壊れそうにありませんね。微妙にもったいない気分。

| | コメント (0)

2006年5月 4日 (木)

久々の夜のドライブと、脱出ゲーム

数ヶ月ぶりに夜間(といっても午後7時くらい)にドライブしてきました。人のお出迎えだったのです。

往復30分程度でしたが、やはり日中と違って夜は怖いです。暗くてセンターラインが見難いです。国道だったので3車線あり、車線の幅にも余裕はあるのですが

それにしても、最近は白いライトの車が多いですね。流行なのでしょうか。私としては、後ろの車のライトが眩しくてまともにバックミラーを見られない状態になってしまうので辛いです。対向車線にいても車間距離がうまく取れない感じがします。いつから道路交通法で白ライトOKになったんでしょう?迷惑な話です。

まあ、とりあえず今日は無事送り迎えが済んで良かったです。そういえば、ここ数年ほど片道1時間以上のドライブをしていない気がします。普段、公共交通を使ってますからね…おかげでゴールド免許です。

あと、今日はかーずSPさんで紹介されていた脱出ゲームをやってみました。フラボノさんのEscape for 10 sec.+です。難しいです。あっ、と言う間に終わってしまうので何回も挑戦して、やっと1パターンのクリア方法を見つけました(爆弾解体しました)。他の方法も調べてみようかな…でも、部屋の中にいろいろなギミックが隠されているので、脱出にこだわらなくても楽しめそうです。

| | コメント (0)

2006年4月28日 (金)

今月の電撃大王(今更)

今日は本気でネタが無いので、「コミック電撃大王」2006年6月号のお話を適当に。もう一週間前の事ですが。

「トリコロ」。初めて読んだので置いてけぼりをくらいましたが、この手のギャグ漫画は好きですね。慣れるまでキャラの見分けがつきませんでしたが。海藍さんごめんなさい。

「ガンパレード・オーケストラ」。先月から緑の章に入りました。ネタでポンデライオンに描かれてしまうライオン君が不憫でなりません。可愛いからいいけど。あと芝村の人、ここまで恥ずかしい"自分の正義"演説ができるのは凄いと思います。原作にもあるんでしょうか?

「かしまし」。こういう悲しい話は涙腺が緩んでしまうのでダメです。今回は特にとまりちゃんが不憫でなりませんでした。何とかして宇宙人のひと。

「宵闇幻燈草紙」。やっと椎名さんの話。椎名さんの初登場って何年前でしたっけ?トランクに入ってたのは覚えているのですが。単行本探さなきゃ。でも来月最終回ですか?かなり詰め込まないと纏まらないのでは。

特に好きなのだけ書くと少ないですね…好きじゃない漫画は少ないのですが、文章にしにくいと言うか。

| | コメント (0)

2006年3月26日 (日)

お買い物の日

久しぶりに街へ買い物に出ました。…この書き出しだと私がヒキコモリみたいですね。近所のコンビニではなく、もうちょっとゴミゴミした都会的な所という意味です。

とはいえ、生活用品などは近所の買い物で済ませてしまう主義なので、近所で売っていなかった本を買ってきました。まとめ買いのメリットが無いですね…。重いだけでした。

一冊目。創刊号から購読している漫画雑誌、「コミック電撃大王」の5月号です。今回はアニメDVDが付録でした。「灼眼のシャナ」「永久アリス輪舞曲」「まじかる?ぽか~ん」「かしまし」「ToHeart2」「ガンパレード・オーケストラ」と、この地域では地上波放送されていない番組ばかりですね。私がチェックしていないだけかも知れませんが。八房龍之助氏がお休みだったのが残念でした。

二冊目。先週でしたか、注文を忘れていたと書いた「蘇るPC-8801伝説」。昔のゲームが13本も付いています。やった事があるのは「ハイドライド」と「スーパー大戦略」だけです。懐かしいですね。森田氏、赤松氏のインタビュー、木屋氏と内藤氏の対談も楽しく読ませていただきました。

三冊目。「鋼の錬金術師」13巻。どんどんお話が暗くなっていく気がします。でも面白いので大好きなのです。ぶっちゃけ、アニメ版のオリジナル話は私の中で無かった事にしています。劇場版まで見ましたけど。

四冊目。「幻想水滸伝Ⅴ公式ガイド コンプリートエディション」。これでやっと2周目を進める気になるというものです。…既にナクラさんとロイ君が死んでしまってますが。

五冊目。「今日から使えるぱにぽにだっしゅ!」。アニメ「ぱにぽにだっしゅ!」のガイドブックです。原作漫画の「ぱにぽに」とはかなり方向性が違う気がしましたが、面白い作品でした。作者の氷川へきる氏の作風が同人誌時代から好きなので、ちょっと贔屓目もあるかも知れません。

六冊目。「牧歌の国の魔法戦士」。水野良氏の「魔法戦士リウイ」シリーズの最新刊です。2ヶ月位前に発売されていたと思いますが、買うのを忘れていました。というか、この方シリーズ持ちすぎです。そろそろ「新ロードス島戦記」を完結させて、「ギャラクシーエンジェル」の続きを書いて、「魔法王ファーラム」を載せた短編集を出してください。

以上…かな?とりあえず来週は、幻想水滸伝Ⅴの2周目をさっさと終わらせましょう。飛天onlineのオープンβも近いですし。

 

電撃大王 05月号 [雑誌] 蘇るPC-8801伝説 永久保存版 鋼の錬金術師 13 公式ガイドブックぱにぽに3~今日から使える「ぱにぽにだっしゅ!」~ 牧歌の国の魔法戦士―魔法戦士リウイ ファーラムの剣

幻想水滸伝 V 公式ガイドコンプリートエディション 

販売元:コナミ
Amazon.co.jpで詳細を確認する 

| | コメント (0)