« 2017年5月 | トップページ

2017年6月13日 (火)

遊戯王VRAINS第5話感想

更新の安定しない遊戯王VRAINS感想です。ニコニコ動画での配信が始まり、本放送から6日後の本日が第5話配信なのでタイムリーといえるでしょうか(言い訳)。

第4話から引き続きGo鬼塚戦でした。
ダメージを受けての劣勢からカウンターの一撃で仕留めるのを狙ったプレイングのGo鬼塚に対して、Playmakerの取った戦略はより大きいダメージを受けた上でモンスターの大量展開、モンスター効果と装備魔法によるエースモンスターの連続攻撃でした。最初の段階でお互いにモンスターを2体ずつ召喚した時に「プロレスのタッグマッチのようだ」という鬼塚さんの台詞がありましたが、決着時の演出もプロレスの3カウントのようになっていました。最近はテレビのプロレス中継も少ないですが、「掟破りの~」の台詞のようなお約束がわからない視聴者も多いのではないでしょうか。

今回はストーム・アクセスで得たカードを明示されませんでした。「リンク・スパイダー」「リンク・バンパー」「ハニーボット」どれもサイバース族のリンクモンスターなので、この内のどれかだったのでしょうか。

鬼塚さんの使った剛鬼モンスターは、プロレス技と動物の名前の組み合わせなのですね。ライジングスコーピオの元であるスコーピオライジングは、私は知りませんでした。サソリ固めじゃなかったのですね。
今後出てくる剛鬼モンスターを予想してみました。技名が全然思いつかないので、人名から「ミルマスカラス」「ウッドボア」「フィールドホース」とか考えましたがどうでしょうか。1人目は空中殺法で有名な方で、キン肉マンのスカイマンのモデルになっていました。後者2人は言わずもがな、「猪木」「馬場」の直訳です。ちょうど動物も入っていますし。意匠をお二人を連想するものにすると、権利関係が面倒になりそうですが。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ