« 遊戯王アークファイブの感想などの続き | トップページ | さかあがりの事 »

2017年4月 2日 (日)

遊戯王アークファイブ感想の残り

昨日の記事で一つ原稿が飛んでしまいました。

・乱入
ライフ半分以外のデメリットが無いのが不満でした。手札フルの上に相手に対処の間を与えないルールですので。
乱入者に味方される側にペナルティがあれば良いかと思います。

1チーム対1チームのデュエルに乱入する場合。
味方する側のチームを宣言し、そのチームのターン中のみ乱入可能。
初期ライフはチーム内の最も少ないライフのプレイヤーの半分以下の100の倍数。デュエル中のプレイヤーがその数値を決定し、チーム全員がその数値を払う事で乱入できる。
初期手札0枚。乱入したターンの次の自分チームのターンが乱入者のターンになり、その時点で手札が5枚になるようデッキから手札に加えた後にドローフェイズに移行する。
バトルロイヤルに乱入する場合
いつでも乱入可能。
乱入した時のターンプレイヤーの次のターン終了後に最初のターンが回る。
ターンが回るまでは手札0枚。ターン開始時に手札5枚になる。

くらい厳しくてもいいと思います。味方の命を削った上に守る事を強要するルールですが、乱入した者勝ちのやり放題よりはマシかと。

・ペンデュラム召喚
番組開始時に新規に追加されたルールでしたが、「左右のスケールの間のレベルを持つモンスターを特殊召喚する」という点しか注目されなかったのが残念でした。何よりペンデュラム召喚の向こう側という言葉に期待していたのですが、ペンデュラム召喚したモンスターで別の特殊召喚を行う、で終わってしまったのが。
スケール差が1の状態でペンデュラム召喚できない事を指摘して笑う敵に対してペンデュラム効果で逆転勝利とか、同じスケールで「揺れないペンデュラム」召喚する切り札モンスターとか出てくると思っていたのです。
結局、現状最新のマスタールール4にてデュエルフィールドのペンデュラムゾーンも取っ払われてしまい、公式にもお荷物扱いされている感じになってしまいました。

 

3日に渡って愚痴になってしまいましたが、5月放送開始の遊戯王ヴレインズ(VRとBRAINを合わせた造語ですかね)には改めて期待したいと思います。当面の楽しみは4日発売の漫画版アークファイブ3巻と、5日放送の遊戯王ラボです。

|

« 遊戯王アークファイブの感想などの続き | トップページ | さかあがりの事 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。