« 遊戯王アークファイブ感想の残り | トップページ | 遊戯王VRAINS第1話感想 »

2017年4月17日 (月)

さかあがりの事

唐突な日常話です。

本日ニコニコ静画にて更新された「小林さんちのメイドラゴン カンナの日常」の「体育の時間」、鉄棒のさかあがりがメインのネタでした。
カンナちゃんたちは小学三年生ですが、私は二年生の時に初めて授業で挑戦した(させられた)思い出があります。
先生が横でサポート態勢にある状態でしたが、想定外のタイミングだったのか、普通に転落しました。その際、捻挫と出血が派手な擦り傷を負ってしまい、後に六年生になるまでそれがトラウマで鉄棒には近づきたくもないような状態になってしまいました。正直、六年生の段階でなんとな~く鉄棒の近くでおしゃべりを始め、なんとな~く手伝ってくれたお友達がいなかったら、大人になった今でもさかあがりのトラウマが解消していなかったかもしれません。

そんな私の甥御、姪御ときたら、三年生どころか三歳でさかあがり成功しています。立つ瀬がありません。
本当は私が日ごろしていた遊びが功を奏したと思っているので、鼻が高くはあるのです。
うっかりこんなブログに迷い込んだ方用に、その遊びをメモしておきたいと思います。体育専門の学者さんに言わせたら危険な部分もあるかと思いますので、あくまで参考として。あと幼児向けです。体重20キロ超えたら無理。15キロでも危ないと思う。

1.向かい合って、両手を握り合う。間隔は子供の身長の2/3程度。
2.自分がさかあがり用の補助板になったつもりになる。
3.子供に補助板を駆け上がらせる。足が胸に当たったくらいで、軽く腕を引いて(子供に「腕を引っ張られた」と意識されない程度に、ほんの少しの力で)、胸で足を前に押し返す。
4.子供が腕をねじりあげられてさかさまの状態になるので、腕に痛みを覚えないように気を付けながら、子供の足がうまく元の位置に戻るようにバランスを取る。この際、自分の全神経を以って子供にかすり傷一つ付けないようにする。
5.子供が着地する。握った腕はねじれた状態にあるので、必ず子供が安定して立っている事を確認してすぐ離す。
注意点1.子供を絶対に傷つけない。怪我をすればこの手の運動についてトラウマになります。
注意点2.自分が痛くても絶対に普通の顔をする。股間を蹴られても、鳩尾にいいのが入っても、顎を蹴りあげられても、泣かない怒らない血を流さない。小さい子供は大人の感情に敏感です。子供が平気な顔をしていても、大人の負の感情は絶対に伝わっています。

文章で書くと凄くわかりにくいですね。まあ、真似して怪我をされても困りますので、やってみる方は安全面の確保を絶対の条件として、ご自分の工夫でコツを掴ませると良いと思います。

 

漫画を読んでこんなに語りたくなったのは久しぶりでした。カンナの日常の原作・クール教信者様、漫画・木村光博様に感謝いたします。

|

« 遊戯王アークファイブ感想の残り | トップページ | 遊戯王VRAINS第1話感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。