« 2014年3月 | トップページ | 2017年3月 »

2014年4月 6日 (日)

遊戯王ARC-V 第1話感想

遊戯王新シリーズ「遊☆戯☆王 ARC-V(アークファイブ)」が放送開始しました。このブログでは、第1作「DM(デュエルモンスターズ)」の途中から第4作「ZEXAL(ゼアル)」「ZEXALⅡ(ゼアルセカンド)」までデュエルの進行を文章で記載してきましたが、今後は時々このような形で簡単な感想のみとさせていただきます。

さて、今回の主人公は榊 遊矢くん。前作の遊馬くんより一つ年上、中学2年生です。
デュエルフィールドはこれまでのソリッドビジョンの発展形となり、召喚したモンスターに触ったり乗ったりできます。ディスカバーヒッポに乗った遊矢君が、デパートの屋上の遊具に乗っているようにしか見えないのが欠点です。ペンデュラムドラゴンは龍神丸。
デュエルの方も新しいルールになり、先攻1ターン目はドロー無しとなりました。アクションデュエルと銘打ったデュエルで、フィールド上に散らばったアクションカード(手札には1枚しかストックできない)を回収して使用できたりします。これはこのデュエルで最初に発動されたフィールド魔法の効果でしょうか。
今回はペンデュラム召喚が行われましたが、条件やその他の効果の説明は一切ありませんでした。公式ホームページの「熱血!デュエル塾」やスペシャルコンテンツ「デュエルのやり方」にも初回分には詳細はありませんので、次回以降に期待したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2017年3月 »